Makoto Rakuen

相隔29年重拍《姿三四郎》

Share Button

[color=#DC143C]NEWS加藤で29年ぶり「姿三四郎」

 人気グループ「NEWS」の加藤成亮(20)の主演で、青春柔道物語の名作「姿三四郎」が29年ぶりによみがえる。12月6日にテレビ東京で2時間ドラマとして放送されるもの。ワイヤアクションなどでド派手な格闘シーンを再現する。加藤は「自分の演技こそが三四郎と言われるように頑張ります」と意気込んでいる。 [color=#008000]人氣組合「NEWS」的加藤成亮主演,12月6日以兩小時劇集形式播放,各種吊威也與帥氣的格鬥場面將會重現。

 戦前から広く日本人に愛され、戦後も映画化、ドラマ化が繰り返されてきた名作だが、意外にも実写化は29年ぶり。勝野洋(58)主演で78年に日本テレビで放送されたドラマ版以来となる。[color=#008000]之前的版本已是1978年由野洋主演的真人版。

 柔道は「高校の体育の授業でやっていた程度」という加藤だが、現在“柔道の総本山”講道館で猛特訓中。三四郎の得意技で背負い投げの変形「山嵐」などにも果敢に取り組んでいるという。師匠は柔道日本代表チームの元監督で全日本柔道連盟事務局長の村上清氏。「柔道の精神論なども教わっています。中身から三四郎に入りつつあります。自分が演じる柔道が“姿三四郎”と言われるよう頑張りたい」と意気込む。[color=#008000]本身擁有一定柔道知識的加藤現正在特訓中,包括三四郎的絕技「山嵐」。

 「三四郎」と言えば、10メートル近く飛ぶような格闘シーンが有名で、ワイヤアクションやCGを駆使したド派手なものになる。コンサートでのフライングなど、加藤にとっても“空中戦”はお手のもので、「つるされるのは得意」と自信たっぷり。スパアラ(現在のボクシング)の使い手との異種格闘技対決では、外国人の現役格闘家を起用する予定。要潤(26)扮する、最後の敵となる九州一の実力者津久井謙介との戦いも見物だ。[color=#008000]說起三四郎就會令人想起高空飛躍的格鬥場面。在演唱會也曾有類似經驗的加藤對此甚表信心。對方將會邀請現役的格鬥家,最後死敵將會是要潤飾演的津久井謙介。

 岡部紳二プロデューサーは「既存の価値観が崩壊していく現代は、文明開化に揺れる明治期と似ている。破天荒だけど一つの道を極めようと、迷い悩み続ける三四郎の成長物語を描いてみたかった。未完成の魅力を秘める加藤君なら面白いものができる」と自信。南小路高子役の中越典子(27)と、村井乙美役の本仮屋ユイカ(20)との恋の行方も注目だ。

連結:http://www.sponichi.co.jp/entertainment/news/2007/10/22/03.html


加藤成亮就是《父女七日間》的健太學長,形象蠻陽光正氣
雖然這種形式的翻拍並沒有太大期望,不過究竟會有怎樣的格鬥場面也令人好奇
加上要潤、中越典子和本仮屋唯花就更有興趣了

Comments

comments

4 comments for “相隔29年重拍《姿三四郎》

  1. 2007/10/25 at 13:13:41

    有要潤…
    會想睇…

  2. Yuu-
    2007/10/23 at 04:26:17

    比較想看要潤演的最後死敵~

  3. amy
    2007/10/22 at 16:21:31

    小成的演技不算好。希望不會有太大的問題。

  4. light
    2007/10/22 at 14:36:57

    想當年仲好細個就睇姿34郎, 而家仲記得呀~~

發表迴響

你的電子郵件位址並不會被公開。 必要欄位標記為 *

這個網站採用 Akismet 服務減少垃圾留言。進一步瞭解 Akismet 如何處理網站訪客的留言資料