Makoto Rakuen

[速報] 石原里美初次主演日劇,向學生角色告別

Share Button

學生角色生涯「畢業」 初次主演日劇
經過多套扮演學生的角色後,石原里美終於有主演的機會
今次扮演一個在醫療制度與病人之間努力奮鬥的女護士,期待!


学生役“卒業”…ナース・さとみ、連ドラ初主演!

女優、石原さとみ(18)=写真右=が来年1月10日スタートのフジテレビ系ドラマ「Ns’(ナース)あおい」(火曜後9・0)に主演することが1日、分かった。さとみの連続ドラマ主演は初めて。リアルな医療現場を描いた同名人気コミックのドラマ化で、熱血新人ナースを演じる。さとみは「女優として新たな一歩を踏み出せたら」と新境地開拓を誓った。


医療を単なるビジネスと考える病院経営者や医者と闘うナースの美空あおい。あおいの頑張りとリアルな医療現場を描いて人気だ(C)こしのりょう/講談社

「Ns’あおい」は、「モーニング」(講談社)に連載中の、こしのりょうさん原作の人気コミック。こしのさんが描く主人公のあおいは、意志の強そうな顔立ちが、どことなくさとみの雰囲気に似ている。

さとみ扮するあおいは、看護師歴3年の新人ナース。大病院で、ある問題を起こし、市民病院に異動してきたあおいが、利益優先、医師優遇など現代の医療現場が抱える問題に立ち向かっていく物語だ。

制作の共同テレビ、小椋久雄プロデューサーは「爽やかな青春ドラマでありながら、人間関係や医療問題が非常にリアルに描かれ、さらに人情話としてしっかり心に響く“一粒で3度おいしい”作品になると確信した」とその魅力を挙げ、ドラマ化の理由を説明した。

さとみは、平成15年に映画「わたしのグランパ」でデビュー後、数々の話題作に出演。清潔感あふれるキャラクターと演技力は高い評価を得ているが、連続ドラマの主演は初めて。NHK大河ドラマ「義経」の静役などを除く現代劇では、初の社会人役でもある。

「ウォーターボーイズ2」など学園モノでさとみの演技を見ていたという小椋氏は「学生役から脱皮した石原さんを見たい、見ていただきたい、と思った。若いのに仕事が出来て、現実に押しつぶされそうになっても負けずに信念を持って立ち上がる、そんなあおいにぴったり」とキャスティングに自信満々だ。

さとみ自身、今春高校を卒業し、今は女優業に専念。最近ではめきめきと大人っぽくなり、女子高生役中心から一歩を踏み出す時期に来ている。

原作漫画を読み、「自分の中で未知の世界である病院を舞台にしたドラマにハラハラドキドキした」というさとみ。撮影を控え、初主演のプレッシャーを感じながらも、「あおいを通じて今までにない自分を出したい」とステップアップを誓っている。

★大河からホラーまで女優業全開!

今年のさとみは女優業全開。NHK大河ドラマ「義経」(日曜後8・0)では、ヒロインの静役を熱演中。6月に放送された、山口百恵さんの主演した“赤いシリーズ”をリメークする3部作の第1弾「赤い疑惑」(TBS系)の主演も務めた。また、8月にフジテレビ系のスペシャル「怪談スペシャル」の1篇「契り」で、ホラーに初挑戦するなど意欲的に取り組んでいる。

今月16日には、2年ぶり2冊目の写真集「たゆたい」(小学館)を発売する。

Comments

comments

發表迴響

你的電子郵件位址並不會被公開。 必要欄位標記為 *