Makoto Rakuen

Mr.Chidlren くるみ

愈多希望只會帶來更多失望  即使如此明天的內心依舊有所悸動


這個PV應該很多人看過,之前已想到總有一天會放上來
歌詞中那種對未來的希望,縱使在生命中遇到挫折也應該積極面對的精神
實在是很有意義,當然PV本身也很有吸引力
很多不知道歌詞內容的朋友也會感受到它想表達的意思

Comments

comments

Subscribe
Notify of
guest

這個網站採用 Akismet 服務減少垃圾留言。進一步瞭解 Akismet 如何處理網站訪客的留言資料

13 Comments
Inline Feedbacks
View all comments
小德

Mr. Children的歌真的沒話說
第一次買他們CD是在日本
那時台灣都還沒有在賣
只有電視裡有播ORICON年度排行榜
很高興他們又能回來
當初他們解散的時候很失望呢…..

小薯報長

西洋骨董洋果子店個首仲正..
不過唔記得名LU~
淨係套劇都已經係4,5年前既野

green

New Single「フェイク」-Mr.Children  

Mr.Children再度公布新單曲!!!

而且搭配的主題曲正好是之前介紹的電影どろろ,

加上完全限定40萬枚~~~~~!!這是一定要搶的啊!!

Mr.Children  
New Single「フェイク」
2007.01.24 Release!

track.01 フェイク
(全国東宝系ロードショー 映画「どろろ」主題歌)
 
TFCC-89199  ¥500(tax include)
- 40万枚完全限定シングル -

Performed by Mr.Children
All tracks written by Kazutoshi Sakurai
Produced by Takeshi Kobayashi & Mr.Children  

「しるし」をリリースしたばかりのMr.Childrenからわずか2ヶ月という異例のスピードでの発表となる新曲「フェイク」。
本作は先頃行われスーパープレミアムライブとなっている「Mr.Children & the pillows new big bang tour ~This is Hybrid Innocent~」ツアーで「しるし」と共にタイトル未定の「新曲」として披露されており、圧倒的なクオリティと爆発的なエネルギーを体感した1万5000人&関係者からの口コミが一挙に広がり、ファンの間で大きな話題を呼んでいる待望の楽曲。

本作「フェイク」は、現在TV、ラジオで話題騒然の楽曲「しるし」が持っているピュアさとは正反対の側面を持つ、猥雑と混沌を表現した究極のポップナンバー。
超大型タイアップ、リリース形態、ジャケットビジュアル、プロモーションビデオ、すべてにおいて現在の彼らの勢いを象徴するかのような究極のコンセプト・シングルです。日本音楽界の最前線を走り続けるMr.Childrenが世に放つ革新的なリアル・ポップ・サウンド「フェイク」!!
2007年、いよいよフルスロットで全開モード突入です

Lin

剛剛發現之前的日劇  Orange Days 主題曲  Sign
也是Mr Children  唱的  蠻好聽

andyowen

版主真好~~麻煩你了~~

幽

Mr Children真是一支神奇的组合…在日本歌坛这个炒锅始终是辣子鸡,而且还是众多当红偶像的偶像。
ps:现在M桑一日2+篇会觉得累吗?做什么事自己喜欢就好cool

小V

呵~~板主的東西都很讚吔!!

推推:D  ((每天都有不同的感動和歡笑))zan

13
0
Would love your thoughts, please comment.x
()
x